冬の時期が終わったと思ったら汗をたくさんかく夏の季節がやってくるのです。

夏場は学生の場合長期休暇の友人との旅行に行く計画をたてたり、家庭を持っている社会人だったら家族で行く旅行を計画するなど活発な行動をしたりするのではないでしょうか。

それに、暑いからこそかき氷やアイス、そうめんといった冷えている食べ物が欲しくなりますよね。

しかし不安なのが汗です。

汗というのは匂うし服には汗が染みてなかなか落ちなかったり。

一番の困り事が肌トラブルです。

毛穴は詰まりいちご鼻になりやすく、メイクも落ちやすかったり、1日に何回も洗顔できずに肌荒れを起こす事は少なくないと思います。

顔が荒れてしまう事もあるけど確認できない部分の肌が荒れますよね?なにかというと汗疹です。

汗疹は治りが遅いんです。

暑い日はなかなか汗が引きません。

服の中で汗と熱が籠ってしまい汗が皮膚にたまりあせもの跡が秋や冬にまで残ってしまうこともあります。

ひどくならないように皮膚科で診察して貰ったりスーパーで手に入れられるあせも用の薬を購入して早めにケアする事をお勧めします。

働くようになれば人前で話をしないといけない時など、大変緊張するような場面があると思います。

私の場合はそんな時は特別暑い日じゃないのに発汗してしまいます。

みんなの視線が顔の汗の方に一斉に集まって来る気がして、おさまってと願うほど発汗してしまうのです。

発汗する事が凄く嫌で、前髪なんかに着いてしまうと悲惨です。

髪型がおかしくなっていないか気になってしょうがなくなりプレゼンなんて出来なくなってしまうのです。

そうなるとわたしは、水を飲まないように(無理のない程度に)しているのです。

効果のほどは分かりませんけどね。

それから、あまり汗の目立ちにくい格好をするようにしています。

色とか生地など。

「中には、あたしとおんなじ汗で悩んでいる方がいると思うのですけど、視線を浴びているって考えると汗をかいてしまう為なにか良い解決方法があれば誰か教えてー!」と叫びたくなるほど悩んでいます。

そういった事に慣れてしまえば良くなるかもしれないので、焦らず汗に向き合っていこうと思います。

今私は50になりました。

年令が上がってきて体臭と言うよりもよくある加齢臭を気にするようになりました。

この頃自分でもミドル臭が感じるようになってきたので私自身も結構老けたんだなと思いました。

自分の場合三十歳くらいまでは体臭はなくて足の臭いの方がすごくあったのです。

季節関係なく足汗をかくと靴を脱いだら足元からニオイがしてくるのです。

家に帰宅していつも皆からニオイがするから早くシャワー浴びてこいとか靴下は洗濯機に入れないでよってよく言われました。

そして30になったくらいから足臭はちょっとずつなくなってきたのです。

何故なのかは不明です。

しかし両わきと体臭が臭うようになってきたのです。

足の臭いがなくなったと思ったら次はワキのニオイと体臭なんて…。

体臭についてはそれほどでもありませんでしたが脇の臭いは凄く匂いました。

夏の暑くて汗ばんだときなんかは大変ニオイがしていたのです。

しかし腋臭も徐々になくなりました。

ですが今現在はカレイ臭で頭を抱えています。

全体的に見てみると足から腋臭に来てついにはカレイ臭というふうに下から上がってきている感じにも思えますが偶発的な事なんだと思います。

カレイ臭は今の時点ではフレグランスなどで隠していますがこの加齢臭がいずれ勝手になくなると嬉しいです。

汗を摩擦するとにおいが強まるように脇下は腕を動かす度にこすれるので、ほかの部分の汗より脇部分の汗はにおいが強まります。

一昔前は男の人用のニオイ対策グッズはなく、女の人が使用する物を代用品として利用していましたが、近ごろは普通に薬屋さんでも男性用デオドラントが並んでいるので、美容などに殆ど無縁の男の人であっても入手しやすくなりました。

日本人の「体臭」は薄い方だと言われ続けてきましたが、食の欧米化により体のニオイがすごい方も増えてきています。

欧米人は身体の臭いに無頓着だなどと耳にしますが、現に欧米のスーパーなどを覗いてみても日本以上に多くのデオドラント用品が置いてあります。

現在では外国人でも体のニオイを気にする方が増加していて、「体臭ケア=香水」の考えを改め、食生活は野菜を多く摂るようにし、まるで昔の日本人の食生活のようになっています。

腋臭症を気に掛けている人は沢山いるでしょうが、汗も風が当たる環境にいれば脇汗のにおいも気にならなくなってきます。

ワキ下部分に空間があると、空気がこもるのを防ぐため、その為肉が付いて凹み箇所が小さくなると臭いやすくなります。

そういったことから、体のニオイの悩みがある方は、痩せる事も効き目があります。

自分自身は発汗すると周囲がどのように感じるのかが気になります。

当の本人もベタつくので嫌だし「どんな理由で運動したわけでもないのに汗が出てくるのかな」って思うのです。

普通の作業でも沢山発汗するのでフェイスタオルと着替え用の服は必要不可欠なのです。

直接的に言われたりしていませんが、人にクサイと思われていると決めつけている自分自身がいます。

聞いた事すべてをマイナスに考えているとも思うのです。

汗をかくのって一般的なことですし皆同じなのに、それを批判する人も居るので、そこは自分の感情をどう切り替えるかが肝心になってくるなと思いました。

非難するならそうすればいいという風に考えるのって難しいなと思いました。

周りに不快感を与えたくないと思う事って普通だと思いますが汗を気にするあまり友だちに気を使わせては申し訳ないですし自分も辛くなるのでやめようと思ったのです。

エチケットは大事だと思いますが自分が辛くなるほど悩まなくても良いと考えるようにしたのです。

人を責める人ってどんな事でも責めると思うので、臭いニオイがするだけじゃなく全体的に文句を言いたい人なんだなと思いました。

世間では爽快そうなイメージのスポーツ後の汗ですが、暑い季節にかいてしまう汗は面倒です。

ときに、夏が近づくとテレビCMなどでデオドラントアイテムの新商品をやるのも、確実に私のように汗の対処に困っている方がたくさんいる為だと思いますが、あまりにも多くの商品の種類や香りがある為、選ぶことが出来なくて、手軽に拭く事ができる使い切りの物を選んでしまいます。

当然、それだけでは真夏は間に合いません。

ネットのお店でとってもおしゃれなパッケージだったため、外国の直接塗りつけるデオドラント商品を試したことがあるのです。

かおりがきつくて、日本人には馴染めない感じでした。

一番の心配事は、自分が匂う以上に「傍にいる人にわたくしの汗臭が漂っているのではないか」や「心中ではクサイって思ってるかも」と心配になるのです。

猛暑にやられ、なるたけ出掛けなくても良い日は家にいたいと思うのです。

過ごしやすい屋内で寝っ転がっていたいのです。

頭からも発汗するので、クール系のシャンプーでやり過ごしているのですけど、これも鬱陶しい汗です。

頭皮から出る汗は大量です。

もう少ししたら、汗と戦う夏が来るので憂鬱になります。

体質なのでしょうか額やうなじから汗が出てきます。

わたくしは、更年期という歳なのでこのせいで突然の滝のような顔にかく汗の事で悩んでいます。

あと、5年ほど前に整体師のお仕事に就いたので分かったことなのですが、このほかにも緊張から来る汗もかきます。

サービス業なので、はじめて来られる方と会話をする場合でそこまで暑い日でなくても気がついたらおでこにジンワリ汗をかいていたことがあったのです。

これが、マジで困るのです。

緊張感から来る汗はさらっとしておらず粘りがあって臭ってきそうな感じなので、かなりいろいろな汗対策をしました。

体温が上がりすぎるのを抑えようと首などを冷やしてみたり、京都の舞妓さんの知恵とやらで、胸腺をきっちりとひもで巻くと巻き付けた部分よりも下に汗をかくので顔から発汗しなくなると耳にしたのでやってみました。

この場合緊張して出る汗には効果は見られませんでした。

最近困っているのが更年期からくるいきなり出る汗です。

ですがこれは婦人科に行って貼って使うホルモン剤で抑えることが出来るという事が分かりました。

これはぜひやってみたいと思います。

出来ればお仕事に支障をきたす為何とかして汗を抑えたりです。

ワタシは中学時代から脇の臭いで辛い思いをしていました。

学校の子達からは変なニオイがすると指摘を受けることもありました。

高校に入ったら脇用のパウダースプレーをつけて頑張ってごまかしていました。

脇のニオイが気に掛かって仕方ありませんでした。

OLになってからも様々なニオイケア商品を利用し何とかごまかしていました。

朝出かける前に直塗りタイプの制汗剤を使用して、いつもそれでケアして生活していました。

だけど、会社を辞めてバイトをしていたとき、アルバイト仲間に「キミ、ワキガだよ」と言われ本当に何とかしなきゃと思いました。

時間もあった為、美容外科にいきワキガの手術をやることにしました。

かかった費用は10万円程でした。

はじめに診察を受けて「耳の中とか湿ったりしない?」と先生が聞いてきて、「ベタベタした感じです」と教えました。

そうやって手術をしましょうという事になり、6日くらい入院をして腋臭の手術をしました。

腋臭手術は1~2時間程度で、その後は経過の後、ひたすら抜糸待ちです。

縫合糸を取り除いてもらうと痛みも殆どなくなり退院しました。

腋臭は全く無くなって気に掛かる事もありません。

とにかく「腋臭手術」を受けて不安も解消されて現在の生活を送っています。

私は自分自身の脇のニオイがきつい方だと感じています。

ワキガまではいきませんが、「耳あかが濡れているのは大体体のニオイがきついから注意しなさい。」と小さい頃から母に言われていました。

その通り、常にワキに触れた衣服の臭いはワキガと同じような臭いがしていますし、ふっとした時のワキの臭いに自分で不快になることも多いのでけっこう気にして生活するようにしています。

スティックタイプの制汗剤等様々なものを試してきて、一番効果があったのはよく知られた会社のものでレビューの評価も良い、クリームタイプのデオドラントです。

それはとても心強くて、朝忘れずに塗れば一日中臭いは気になりません。

暑い時期の汗をかきやすいときは、一日定期的に塗るように意識していますが、そうするだけで大丈夫です。

却って、汗ふきシートなどを使って拭いてしまうと効果が薄れてしまうので、使うのはやめています。

拭いてサラッとさせたいと思うこともあるのですが、そこは臭いを抑えることを優先で凌ぐようにしています。

自分は汗っかきなので、中でもワキや足のにおいが気になるところです。

夏の時期は言うまでもないですが、寒い時も会社やカフェなど暖房が入っている場所でも汗をかいてしまうので、一年中自分の汗が臭くないか、さらに電車で隣になった人に汗臭いと思われていないかと不安でした。

面接などでスーツを着用する時は常に脇汗パッドが欠かせませんでしたし、ある時香水を付けることで臭いをごまかそうと思ったこともあったのですが、パフュームと体の臭いが一緒になって、わたしもニオイで気持ち悪くなってしまいました。

その時から、パフュームなどのフレグランス系の香りを付けることも止めることにしました。

それでスプレータイプの吹き付ける制汗剤などや、足に塗るタイプの汗や臭いを抑えるものを色々試してみるデオドランド探しに没頭するようになりました。

じぶんの場合、よい香りがついているデオドランドスプレーはニオイがさらにひどくなってしまったので、無香性で持続時間が長く、自分に合うものを見つけるのに苦労をしました。

けれども、最近はその苦労があってか、自分の臭いを気にすることなく職場でも普段の生活でも快適に過ごせています。

出掛けた先でツーンとするニオイがして来たなと思ったら前の人がわきがの人でした。

わきがの人は自身に腋臭があると気付いているのかいないのか見当がつきませんがワキガ持ちの人は案外しんどい毎日を過ごしてきた方が多くいるのかなと思ったのです。

デオドラントで防いでも時間がたつと臭いが出てきてほかの人よりはニオイが出てしまうためかなりしんどいだろうなと思いました。

自分もわきがですがあたしと同じようなにおいの方もいれば、私とは全く違う匂いの人もいますし、とにかく鼻に付く臭いを感じるので、周囲の人の中で気づく人が多くいるのではないでしょうか。

デオドラントアイテムや柔軟剤が沢山出る中で色んなのを使ってもまるっきり効き目がないのがわきがだと思います。

無臭になれることなんてごくまれにしかなくて、間違いなく柔軟剤などのニオイとわきがの独特なニオイが混ざり合うため、脇のニオイがしないようにするのは凄く難しいのです。

普通に体を洗っていればそれだけで大丈夫だと思うのです。

臭いのことを言う人はいるかもしれませんが気にしないほうが良いですよ。

世の男子は誰でも足のニオイが強いのかしら・・・今鼻につく体臭といえば、そう旦那の「足臭」です。

営業マンとして日々合皮の靴をはいて、1日を過ごしているので、やっぱり汗もかくでしょうし、靴もムレムレでしょう。

夜帰宅した主人は真っ先にくつ下を取って足元を解放します。

そこからが地獄なんです。

近くにいなくってもほのかに臭ってきます。

それも足が熱くなっているのか、両足から生暖かい臭さを出しているみたいに感じられます。

「その足で家の中を歩き回られるのはつらいな」と以前から思っていました。

真剣に伝えると少しばかりショックを与えてしまいそうなので、わたしは柔らかい伝達方法を考えました。

「パパの足がくちゃい」ってな具合に。

ウチに幼稚園児がいて良かったです。

ですがそれ以降はちょっと主人自身も自覚したのか、取りあえず家に戻ったら靴下を脱ぐついでに、浴室で足洗いも実施するようになりました。

これはかなり効いてます。

あの臭いがしなくなります。

どこのお家でもあることなのでしょうか。

根本的な解決方法も知りたいです。

暑い夏に困るのが汗。

特にワキ汗は本当に困る!
顔の汗もメイクが崩れて困るけど、それよりも恥ずかしさではワキ汗が上。

はっきり公言しないだけで悩んでる女性は多いんじゃないかな。

駅まで歩いてたっぷり汗をかいた後に電車に乗る。

座席はすでに埋まっていて、手摺にも人が。

仕方なく吊革につかまる…、この瞬間が一番気になる!
ちょっと内側に腕を入れてワキをしめてみたりもするけど、気にしているのがバレバレみたいでかえって恥ずかしい。

…しかもほとんど隠せてない。

かといって、堂々としていれば丸見えだし。

どうすりゃいいのさ…。

他人のワキ汗なんて誰も興味ないだろうけど気になるものは気になるのだから仕方ない。

毎年夏服を買うときに、この色だとワキ汗目立つな…って考えて色物を諦めることもしばしば。

なので夏服は白が多くなる。

やっぱり夏は白が爽やかでいいよね!って顔してるけど、それだけが理由じゃないんだよ…。

ワキ汗パットもいいんだけど、ノースリーブや極端に短い袖の時には使えないし。

パットがチラリと見えたらこれまた恥ずかしい。

ワキ汗を抑えるクリームってどうなんだろうか…。

白が好きな色なのは本当だし、爽やかなのも事実なので白い服が増えるのも悪くはないんだけど、たまには違う色の服も試したい。

…魔のグレーとか。

汗を抑える方法をいろいろ試してみようかな。

抑えられて出口を失った汗がどこに行くのかはちょっと気になるところだけれど。

夏などの汗ばむ季節には体臭はよくあります。

しかし強烈に臭いと周りの人の迷惑になります。

出来るだけ体臭ケアをするようにしたいものです。

体臭には様々な原因があります。

肉をよく口にする方はニオイがキツくなりやすいです。

肉料理は「動物性たんぱく質」が多いので、食べ過ぎると皮脂分泌が増加し強烈な臭いになりやすいのです。

「野菜」、「魚」などを多く取り込んで食生活を改善していくと効果があると思います。

アルコールを毎日摂る人も「体臭」が強烈になりやすいです。

お酒は代謝過程でニオイの強い物質にかわります。

その為汗も悪臭となってしまいます。

加えて酒類は体臭を増強する作用を持っているので悪臭になりやすいです。

お酒は暴飲せず量に気をつけて楽しみましょう。

あとは毎日同じ靴を履いていたり、靴下を履かないで履き物を着用する方も足臭がキツい方が多いようです。

履物の内側が乾燥する暇がないので臭くなってしまいます。

なかでも「足のニオイ」はパンチがあるので毎回フットカバーなどを履いてから、シューズを3、4足用意して代わりばんこに使ってニオイケアをしましょう。

汗がでやすくて困ることがよくあります。

体全身が汗だくになるのではなく、手汗とワキ汗が特に出ます。

パソコンのキーボードを打っていると徐々に手汗がにじんできます。

そしてキーボードを打つ指先が汗で滑りやすくなってくるので、いちいちタオルで拭いたりしています。

あまりに汗の量が凄い時は、キーボードが壊れるかもしれないと思い、できるだけ、扇風機の風を手元に当てて、乾燥させるようにしています。

今でこそ、歳を取ったので手汗の悩みも落ち着いてきましたが、若い時は、デートで手をつなぐ時ベトベトだから恥ずかしい、他人に汗が出ているのを知られたくないといった悩みを抱えていました。

手汗の悩みによって、消極的になってしまうことも多くありました。

もちろん、今も若い時程ではないにしろ、困ることが多いです。

ワキ汗の量も多いので悩みです。

ワキの場合、着る服によっては汗染みが目立つので、他人にバレるのではないかといった不安を常に持っています。

できるだけ、汗染みが分かりにくい服を着たり、汗ワキパットを使ったり、制汗剤を使ったりしています。

気温が暑くなくても出てきますし、不安な気持ちからも汗がジワッと出てしまうので、本当に困ってしまいます。

普段は、あまり汗をかくことがないのですが、夏になる時になるのが「ワキ汗」です。

外出先により、ほんのり汗をかく状態から、洋服からわかるほど汗をかくときもあります。

インナーの下着には、脇に専用のパットがついたものを利用したり、トイレなどでこまめに汗を拭くようにはしているのですが、なかなか防ぐことが出来ません。

全体的には、汗をかきにくい体質なのにどうしたわけか「ワキ汗」だけは、出てしまう体質なのでしょうか。

ワキ汗をかくと匂いも気になります。

自分では気付かないのですが、もしかして「匂い」を発生しているかもしれないので、制汗スプレーは欠かせません。

それと、なるべく「ワキ汗」をかいてもわからないような服を着るようにしています。

生地はもちろんのこと、服の色にも気を付けています。

現在のところ良い解決法はないのですが、もしかしたら全体的に汗をかかない体質が原因かもしれないと、最近では体質改善のためにウォーキングやヨガを取り入れて運動するように心掛けています。

海外製の制汗剤ならコレ⇒パースピレックス

私は基本的に健康的な体質なのだと思います。

いつも元気だし、食欲があって、たくさん食べる割にはあまり太りません。

それは新陳代謝がよく、きちんと燃焼されているからではないかと自分では自負しています。

しかし、その新陳代謝がよいせいで悩んでいるのは、日々噴出す汗です。

これは、このシーズン、もはや24時間風呂上りなのではないかと思うほど、ダクダク汗をかいています。

通勤のときに、電車の中では冷房が効いていて涼しいはずなのに、私は一人会談を駆け降りてしまったのがよくなかったのか、それともホームが暑かったからなのか、電車に乗ったとたん、なぜか滝のような汗をかいてしまうのです。

これが全身汗だくなので、ハンカチで押さえられるようなものではありません。

こめかみを汗のしずくが走り、髪の毛は首に張り付き、白いブラウスは汗ですっかり透けてしまうのではないかと思うほどです。

それだけではありません。

スカートのウエスト部分で、流れ出た汗がたまってしまうのか、スカートのウエスト部分に汗染みができて、うっかりグレー系のスカートをはいていたりすると、スカートのウエスト部分が一周汗で色が変化してしまうのです。

これって、どうしても女子としては、不潔感が出てしまう汗染みの恐怖なのです。

わたしの苦手な「体臭」に順位をつけてみました。

先ず3位は生乾きの服のニオイです。

この臭いはホントに大嫌いで何故ここまで臭うのか不快感しかありません。

部屋干し臭がしたらすぐにもう1回晴れた日に洗濯用柔軟剤を多めにして洗浄します。

ですが、梅雨の季節になると雨が続いたりして完全には乾燥しにくいのが悩みですね。

今では生乾きの匂いがしない洗濯用洗剤などが色々と開発されているので、こういったものを吟味して使って行きたいと思います。

2位は、ワキガ臭です。

あるあるですがやはり当の本人は分かっていないのが一番の悩みです。

親しい人ならば助言すべきか迷いますね。

これは私がどうこうの問題ではないので距離をとることが最善策かもと思っています。

第一位は、「汗臭」です。

これはわたしのも気になりますが他人の人も本当にすごいと思います。

暑い季節によくあるこの悪臭。

やむを得ない臭いではありますがやっぱり自力でやれる対策は少なくないので汗が出たら汗ふきシートを使うとかTシャツを取り替えるなどしてほしいですね。

汗臭があるのに良い香りをつけてもさらに酷いニオイだけです。

一人通勤電車の中で、汗を吸って搾れるほどのハンカチを振り回し、オフィスについてももう一度同じような汗をかき、いつも暑そうでいつも汗を拭いているイメージだといわれ、なんだか女子としてはこの汗のせいでかなりブルーな毎日を過ごしているのでした。

6月から我が家のエアコンは24時間、一度も止まることがなく動き続けています。

なぜって、私がとっても暑がりで汗っかきだからです。

少しでも暑いと感じると、おでこや脇に汗がにじみ始め、家事をすれば全身汗だくになってしまいます。

そんな汗っかきの私ですから、まず朝起きると寝汗がすごいです。

パジャマは汗の吸水がよいように、綿製のものを着ていますが、エアコンの28度設定で除湿にしているだけではやはり寝汗をかいています。

毎日パジャマは交換しなければいけないほどの寝汗です。

シーツだって、パジャマを貫通して汗でじめじめしていますから、頻繁に洗濯しなければいけません。

そして、寝汗で髪の毛や首筋が濡れているうっとおしい感じを、朝起きのシャワーで洗い流します。

その後、一通り食事を作り掃除洗濯をすれば、10時には再び汗びっしょり。

ですから昼前にふたたびシャワーを浴びてすっきりするのが日課です。

その後、日が傾き始めて、ほんの少し涼しさを感じられるようになったら買い物に行くのですが、私は自転車ライフなので、結局買い物に出れば汗だくになってしまいます。

ただ汗をかいたのりで夕食を作り、調理をすればまた汗が吹き出て、食事をする前には必ずシャワーを浴びなければ服も体もべたべたです。

結局一日3回は必ずシャワーを浴び、汗っかきのせいで大量の洗濯物に追われ、6月から9月までの三ヶ月間はエアコンのせいで電気代も高いというのに、水道代も一年で一番高くなって、これはすべてとどまることなく吹き出る汗のせいなのだと悩む日々なのでした。

アラフォー女性ですが、私は10代の頃からとても汗っかきで、夏には尋常ではない大量の汗が出ます。

特に顔の汗がとても酷いです。

朝10分くらい部屋の掃除をしただけで顔が真っ赤になり滝のような汗がボタボタ吹き出し、お化粧はすべて流れ落ちてしまいます。

バスの中でも、他の人達は皆さん涼しげな顔で乗ってるのに、私1人だけダラダラ汗をかいています。

最近は友達とバスや電車で何処かに出かける事が嫌になってしまいました。

私は今パートを探しているのですが、先週面接の時、緊張してしまい顔に大量の汗が出て、面接担当の方に心配されるほどでした。

とても恥ずかしかったです。

来週も面接があるのが憂鬱で仕方ありません。

パート探しをあきらめようかとさえ思っています。

私は多汗症なのでしょうか。

または何か別の病気なのか、更年期障害なのか、病院へ行った方がいいのでしょうか。

その場合皮膚科へ行けばいいのか、婦人科へ行けばいいのか、どうしたらよいのか分からず悩んでいます。

子供のころからどういう訳か顔や頭に汗をかきやすかったです。

どうやら遺伝的でもあるらしく、祖母も母も顔に汗をかくタイプ。

母は化粧品にもこだわりがあり、肌はずっときれいな人でしたが、本人いわく「夏場は化粧直しが多すぎて本当に大変」とのことです。

祖母もすぐに滴るほどの汗をかく人で、「夏は本当に嫌になる」と言っていました。

私は若いころから業種は違うのですが、接客業をしています。

基本的に夏場でも冷房の効いたところにいるので、同僚などは涼しい顔で仕事をしていますが、なぜか私だけじんわりと汗をかくのです。

ちょっとうごいたりするともう本当にシャワーを浴びたのかと思われてしまうほど顔汗をかいてしまうのです。

気にした同僚から「ねえ、なんで泣いているの?」とまがいで言われたこともあります。

いろいろ対策を練ってやってみてはいるのですがこれといった策はなく化粧品を舞台化粧用のにしてみたり、首筋を冷やしてみたり、吸収力のいいタオルをいろいろ試してみたりしています。

体質なので仕方がないのかなあ?

熱い季節や室内で汗をかくのは普通のことだと思いますが、私は緊張したり焦ったりすると、気温と関係なしに汗をかいてしまいます。

きっともともとが緊張しやすいタイプなのでしょうね。

人前に出たり、何か重要な場面になると顔がほてって赤くなり、じんわりと汗ばんできて困ります。

厚着している冬は顔だけでなく身体も汗ばんできて、でも手はどちらかというと冷えていて、かなり異常な状態に感じます。

汗びっしょり、という感じではなく、じわーっと汗ばむ感じで、まとわりつくような感覚がとても不快になります。

顔に汗をかくとメイクが崩れたりテカったりして、そのことが気になって余計に汗をかく悪循環になってしまいます。

身体のほうでは、緊張する場面が過ぎると、わきの下や背中が妙に蒸れていることに気づいて、急いでトイレに入ってデオドラントスプレーを使うこともあります。

こんな感じで緊張状態のときに汗ばんでいるのを、他人に気づかれているんじゃないか、ととても心配になります。

なかなか他人に直接聞けないので、なおさら心配になってしまうんですよね。

結構悩んでいます。

私自身すごく汗かきです。

冬でも、すこしからだを動かしただけでもアセをかきます。

ですので、汗の匂いが凄く気になり、デオドラントスプレーをいろいろと使います。

夏の時期の電車の車内などでは、そばにいる方が私の事を汗クサイ人なんて思わないかと気にしています。

特に、若い女の人がそばに居たら、もっと心配になり、違う車両に移動したくなるのです。

汗が匂う原因は、毎日の食事にあるんじゃないかと考え、改善を始めました。

まずはじめに、食事が肉中心だと大変臭くなるということが分かったので、肉を減らしてみました。

それから、野菜多めの食事にしてみました。

最近している、アセが臭わなくなる対処法は、できるだけアセをかかなくする為に厚着をしないようにしています。

そして、お水もあまり飲まないようにしているのです。

お水をたくさん飲むとたくさん汗をかくとわたし自身は考えたからです。

汗臭いといった体臭はホントに心配してしまいます。

汗臭いニオイや体臭を抑制する手立てがあったら試したいです。

私の知り合いに、手のひらに汗をかきやすい人がいます。

治療や手術が必要なほどの症状ではないですが、学生時代、手袋着用を許してもらえないアルバイトは選択肢に入れられいなどの弊害はあったようです。

私もどちらかと言うと汗っかきで夏場は大変。

服に汗じみがじわ~と出来てただでさえ恥ずかしいのに、遠慮なしに空気も読まずに脇汗がひどいのがかっこ悪い。

なので夏は脇汗対策が欠かせませんが、以前脇の汗取りパッドを買いに行った時、探している時間がなかったので店員さんに場所を聞いたら大きな声で「脇汗パッドはこちらです」と言われてしまい、周りのお客さんに聞かれて恥ずかしい思いをしました。

汗の二次災害だと思っています。

それだけでなく、汗はメイクも落ちるし日焼け止めも落ちるし髪も濡れて崩れてしまうし、夏場は本当に女性の敵。

・・・だけど、汗をかくのはデトックス効果で美容にいいし、汗をかくこと自体は嫌いじゃないですし。

書くべき時にドサッとかけると一番いいんでしょうね。

子供の頃からスポーツをしていた事もあり、人よりも汗腺が鍛えられているせいか元々かなりの汗っかきなのです。

高校生の頃まではあまり気にしていなかったのですが、さすがに大学生になり人並みにメイクをするようになった途端私の汗に関する悩みが増えました。

まず綺麗に朝メイクをして出かけても、お昼過ぎには汗でメイクが流れ落ちすっぴん状態になっているのです。

ウォータープルーフなど汗や水に強いメイク用品を使っているのですが、それでも私の汗の脅威には勝てないらしく未だメイクが夕方まで保たれている事はありません。

さらに辛いのが汗の匂いなのです。

外を歩いた後誰かと会った時はかなり匂っているではないかなと思い気になって会話に集中出来ない事も多く、また背中や上半身を中心に汗シミが出来ているのではと思うとうっかり誰かに会ってしまうのが本当に怖いのです。

私の場合は季節を問わず汗っかきなので、真夏でも涼しい顔をしながら歩いている人を見ると、本気で変わってもらいたいと思ってしまいます。

汗に関してもっとも悩んでいる部分と言えば、もはや「ここを除いて他にはない!」というぐらいに、汗の悩みと言えば、ダントツに「ワキ汗」についてですね。

もう、手の施しようがないぐらいに、私はワキに汗をかいてしまいますから。

ですからもう、制汗スプレー程度じゃ対応できないのですよ。

「なんとかの粒が汗をキャッチして?」と、いうPRに惹かれはしたのですが。

ちなみに、スプレータイプよりも、やや汗の吸収が上がるといわれている「塗るタイプの制汗スティック」も試してみたことはあるのですが、解決にはなりませんでしたね。

スプレータイプよりは、やや汗染みを抑えてくれた感はありましたが。

ですからもう、ワキの汗には汗ワキパッドしか現時点では対応ができていないのですよね。

汗ワキパッドでしたら、確実にワキの汗を吸収して洋服に汗染みを作りませんから。

ですから、大きめサイズである汗ワキパッドをTシャツの袖にあわせて切ったりして使っていますね。

けれどもまあ、ノースリーブには使えないわけです…。

それも悩みですね。

汗量が減る真冬などに、体臭が悪化する事が多いと感じています。

なので、冬場には、体臭が気になる人が幅広い年代において散見されていると考えられており、体臭のケアをこまめにしていく事がポイントになってきます。

夏などの高気温の季節には、運動をしなくても汗が流れてくるので、ニオイケアには誰しも余念がないことでしょう。

それに比べて、汗量が減る秋や冬などは、臭い対策がおろそかになりがちですが、バイ菌が汗量が減るとともに除去しづらくなって、逆に「体臭」がキツくなるとも聞いたことがあります。

マメにニオイケアを実行する事と、冬場もお手入れすることで、快適に生活できる可能性が高くなるのではないかと考えられています。

将来的にも汗を多くかかない冬に、身体から発する臭いが強烈になり気に掛かる人が防臭対策に精力的に取り組んでいくと予測されるので、いろんなやり方での体臭ケアが実施されるようになると思っています。

私は汗かきなので特に夏はタオルが必要なぐらいです。

夏はハンカチも汗を拭くために濡れていて干さなければいけない状態で困っています。

ただハンカチなどは何枚か替えを持っていてもいいですが、一番困っているのはワイシャツに浮き上がる汗染みです。

脇汗程度だとちょっと格好が悪いという程度かもしれませんが、それでも十分に悩みのひとつになると思います。

私の場合はもっと広範囲に背中や胸の辺り首の下あたりもびっしょりになることもあります。

特に外出から帰ってきたり、急いで歩き回るようなことがあるともう、ジョギングなど運動してきたかのようにびっしょりになることもあります。

人からその濡れている状態を指摘されることもありますし、だからといってどうしようもないときがほとんどです。

下着からワイシャツごと新しく着替えればいいのですが、毎回そういうこともできないので自然に汗が引いて乾くのを待つしかないことが多くて困っています。

体質だから仕方がないとあきらめていますが、体質改善できればと思っています。

私は昔から汗っかきで、新陳代謝ってことだし、汗をかくのはよいことだ、と教わってきました。

しかし、現実はそうではなく、汗をかいているだけで不潔に見えますし、汗っかきの私から見ても「なんでこの人こんなに汗かいてるんだよ」と思うこともあります。

そんなに暑くなくても汗をかいてしまうので、梅雨の時期になると気温が低いのに汗が出てきてしまうことがよくあります。

ほんの十分歩いただけで汗をかくので、対処をしてきたのですが、最近はお尻にも汗をかくようになってしまいました。

背中までは自分で意識をしていたのですが、まさかお尻まで汗をかくとは思わず、会社について服を着替えるとき左右の尻の下部分のズボンがぬれていて、最初見たとき「漏らした?」と思ってしまいました。

お尻の下左右部分に汗をかきそれが服についてしまっているのだと気づくと、途端に「今までこれで外歩いていたのか」と恥ずかしくなり、周りの人からみたら漏らしたのかと思われていたかも、と思うと顔が赤くなる思いです。

背中までの汗対策はできるのですが、お尻部分の汗対策ができずに悩んでいます。

私の部屋にはクーラーがないので、気が付くと服がじっとりしていたと言う事が多いです。

他の部屋にはきちんと冷房器具があるので、涼みに行くのですが汗で湿ったままの服装だと体が冷えてしまうと言うのに気が付きました。

特にそのままの姿で眠ってしまった時には風邪を引いた時すらありました。

体調に悪い影響を与えると言うだけではなく、汗まみれの格好でいるのは純粋に気持ちが悪いので着替える様になりました。

おかげで、洗濯物が増えてしまって困っています。

部屋着のTシャツがない時もあるぐらいなのです。

学生時代は夏場に体育の授業があったりすると、汗のにおいが気になりました。

それは他の皆も同じだったらしく、こぞって制汗剤スプレーを使っていました。

大体匂い付きの物が多かったらしく、それで気分が悪くなると言う人もいたぐらいです。

私自身はそこまでではなかった物の、色々な匂いが入り混じった空間は気持ちのいい物ではありませんでした。

近ごろ、年齢が上がってきたせいか、自分自身で両ウデなどを臭ってみた時に、「加齢臭」が出ているような気がして、すごく気になっています。

なので、シャワーソープをデオドラントソープにチェンジしたり、香り付きデオドラントスプレーなどを利用したりして、臭くならないように気をつけています。

けれど、お風呂上がりとか制汗剤をスプレーしたばっかりの時はいい匂いがしているのですが、しばらく経つとニオイが出てくる気がするのです。

親が言うには、年齢がいったら誰だってにおい出すんだから気にするな、とのことですが、矢張り「加齢臭は勘弁して欲しい」というのが本音です。

親には、「香水で何とかなるんじゃない?」と勧められましたが、自分としては、香水のニオイは鼻に辛いのでイヤなのです。

だから、それはあまり気が進まない。

一日一回、せめて三回くらいで効き目のあるようなケア方法がないものか、情報を収集している最中ですが、レモンの汁を薄めてスプレーすると効果があるということを知りました。

それなら、フレッシュなかおりですし、無添加ですし、結構魅力的です。

肌がかぶれたりとかデメリットがなければ是非試してみたいです。

数年前までは、汗をかくことにもあまり抵抗がなかったし、自分を汗臭いとも思わなかったんだけど。

今年の夏が特に暑いから?

何だか、いつもより自分の汗が気になります。

顏は、昔からそんなに汗をかかないんですよ。

だから、あまり気にならないんですけどね。

最近気になりだしたのは、腋汗。

Tシャツなんかの脇腹の色が変わるぐらいしっとり濡れてて…。

額なんかにかく汗なら、出先でタオルで拭うこともできるけど、場所が場所だけに洋服の中に手を入れてゴソゴソ汗を拭くわけにもいかないし、気になりつつもどうにも出来なくてとっても恥ずかしい思いをしました。

汗取りパッドの付いたタックトップを着てみたんですけど、パットが少しも汗を吸収しないんです。

汗の出るところは、腋じゃなくてもう少し下?

ダメ元で、ドラッグストアーでリキッドタイプの制汗剤を買って、クルクルと腋に塗ってみたりもしたんですけど、これまた全く効果なし。

汗で流れちゃうのかなぁ~。

今のところ、出掛ける時は出来るだけ肌に密着しない洋服を着るようにして、何とか誤魔化してはいるんですけど。

なんとかならないものかと悶々としてます。

年齢によって、汗の沢山出る箇所って変わっていくのかなぁ~。

腋汗よ・・・お前は一体何処から湧いて出てくるんだい?

普段から外出が多い営業の仕事をしているので、天候が気になってしまいます。

特に真夏の期間は暑くて大変です。

先日もいつものように営業で昼から5社回らなければならず、営業資料を抱えて駅から数分歩いて訪問を繰り返していました。

そうすると3社目のお客さんから「ここ、汚れてますよ」とのご指摘。

よく見ると汗のシミだったんですね。

拭き取っても落ちませんし、白く塩の結晶見たいになってしまってました。

その時はその話題はごまかせたのですが、残り2社に訪問の際、気になって商談どころではありませんでした。

「汗っかきなんで…」といっても分かってくれる人もいますが、やはり初対面や人間関係がまだ出来ていない人だと、不潔と思われたりすると商談にも影響がでますし、メリットはありません。

かといってクールビズとはいうものの、いくつも着替えをもって出るわけにもいかないし、困ったもんです。

せめて車営業なら、もう少しマシなのかもしれませんが。

制汗剤なんかを利用したほうが、良いかもしれません。

汗というのは本当に嫌なものです。

体の熱を逃がすために必要なものだというのはわかっているのですが、それでも嫌なものは嫌ですよね。

顔に汗をかいてしまった時などはもう大変です。

男性はタオルで豪快に顔を拭くことが出来るかもしれませんが、女性は化粧をしていたらそんなこと出来るはずがありません。

それどころか汗がたれて目に入ってしまったりしたらもう痛いのなんのって話ですよね。

汗だけでも痛いのにそこにマスカラやアイラインが溶けてしまっていたら本当に痛いのです。

見た目も残念なことになってしまいますしね。

ウォータープルーフなんて信じられません。

おしりにかく汗も厄介です。

椅子に座っていると汗をかいてしまいおしりがびしょびしょ、なんてことも。

濡れているのがわかりにくい色や素材ならばまだ良いのですが、それがわかってしまうものですとまるでおもらしをしたようになってしまいます。

臭いも気になってしまいますし、なにかよい対処法はないかなと日々悩んでいます。

いっしょに暮らしているお姉ちゃんの体臭が悩みです。

肉食・ダラダラした生活・おデブ・・問題は一つではないのですが、生活を共にしている自分からするとあの臭さだけはどうにかしてほしいと思う。

姉の性格もあって、臭いとはズバッと言えない自分もいけないんだろうけど、一日着ていた服を放って色んな所に置きっぱなしにされると、夏時は特に大汗をかくからか、臭さ倍増でエライことになります。

消臭スプレーをスプレーしまくるものの、使用頻度が高いので直ぐに使い切ってしまいお金も掛かる。

服を洗う時も、呼吸を止めないと持てないので、息止めをしながら洗濯をします。

口を開けて呼吸するのも、なんだか体に害が及びそうだし、正直身体が拒否反応を起こしている。

成人女性として、「体臭」くらいは気を配りそうなもんなのに、この人の神経の太さはすごいなと感心する。

そんな姉なのに、付き合っている人もいるなんて!彼は、体臭が気になってるものの別れる気はなさそうです。

わたしは、あの人がカノジョだったら我慢できないでしょうね。

いやいや、それが理由で嫌いになるかも。

直接言える度胸が私にあればなぁ。

あたしの場合は暑いと感じたらすぐに汗が出てきてしまいます。

主に夏場が苦手で、ちょっと動いただけで汗で衣服がびっしょりとなり、黒い色の洋服を着た際には胸や背中などに塩を吹いたような跡が残るくらいになってしまいます。

また、夏場に良くあるのですけど、アセの匂いが洋服に染みてしまい洗濯機で洗っても臭いが残っているので、夏は消えないものなんだとあきらめているのです。

ニオイは、知り合いとお出かけの際には頻繁に気にしてしまうだけではなく、常に嗅いでしまう程敏感になっています。

対処法は、出来るだけ長時間臭いを抑えられる制汗アイテムを試し、比べた商品のうちで自分に合う物を選んでます。

わたくしには制汗スプレーと冷たい汗拭きシートが合うみたいなのでそれを使用しています。

汗にはひとりひとりで汗の香りが変わると聞いた事があります。

自分自身は代謝があまり良くないので、身体の中にある毒素が汗になって出ることが原因で悪臭になのかもしれません。

だから、それを避けようと良い汗をかくために、食事を変えてみたり適度に体を動かすことで、代謝が上がらないかなと思っています。

汗についての悩みって終わりがありませんね。

わたくしは、わきの汗で困っているのです。

何でわきの汗なのかというと、仕事の業務で人の前に出てしゃべる事が多く、そんな時の汗の困り事で、わき汗の染みが見えてしまうといった事です。

汗で悩んでいる者として、洋服選びは大事な事です。

デザイン重視のあまり、ついうっかり汗染みが出やすい服を選んでしまうと大変なことになります。

殊に、グレーは注意しましょう。

その訳は、グレーの服は汗染みが出やすいからです。

墨のように浮き出た汗のシミはすごく恥ずかしいです。

また、本人に意識はなく他人から指摘されたときにメンツをつぶされることになってしまいます。

汗の悩みって、流石に人には言いにくいですよね。

相談したとしても相手方もうまく答えられる可能性は低いと思います。

そのため私は「汗の悩みについて解決してくれるようなWEBサイトがあったらいいな」なんて考えています。

気楽に汗で悩んでいる事を相談できないかなと思います。

汗をかくほど暑い時期は、指から汗が出てきます。

首筋や額などほかの部位からも汗は出るのですけど、最もベタベタした感覚がするのが手の指なのです。

以前は両手の指が発汗するなんて皆無に等しかったのですが、年齢が上がると体質が変わってきたようでわたしの悩みのひとつになりました。

汗が指から滴り落ちるといった事はないのですが、まるで揚げ物をグッと掴んだ時みたいになっているのです。

特に暑い日は、私が普段持っている物はベチョッとしています。

例えを出すと、携帯の場合は絶えずべたっとした手触りなのです。

指の汗を拭いてから電話を使うように心がけてはいますが、長い時間使用しているといつの間にか指に汗をかくので端末がベタベタしています。

また、財布の方も家に戻ってからウェットティッシュで拭かなきゃならないほどベタベタします。

知り合いに相談したところ「気にし過ぎてるんだよ」って言われたのですけど、現実につかった直後のスマートフォンを触らせてみたら悩みに共感してもらえました。

私自身はカラダ中から汗が出てくるので沢山悩んでいる事があります。

第一に結構緊張してしまう性質です。

また緊張した場合いっぱい汗が出ます。

男の方と会話をする時などは好意のない男性であっても距離が少し近かったりするだけで緊張してしまい汗をかいてしまいます。

特にすごいのは手汗です。

ちょっと手に触った程度でも「え、手汗やばくない?」なんて言われてしまう程のレベルです。

それを男性に気づかれてしまうのも困るのですけど、何より全く関心のない男の人なのに「この人、緊張している」と思われてしまっているようですごく嫌です。

それともう一個は汗の染みが洋服についてしまう事です。

冬の時期はインナーを分厚い物にしてやり過ごしているのですけど夏は汗をかくのにどうにもできないのです。

だから着る服も汗が目立ちにくい色にしないといけません。

カワイイと思った洋服だったとしても洋服の色によっては買わないこともあります。

色を選ばずオシャレできたら気楽だろうななんて思ってしまいます。