一体アナタは何処から出てくるの?

数年前までは、汗をかくことにもあまり抵抗がなかったし、自分を汗臭いとも思わなかったんだけど。

今年の夏が特に暑いから?

何だか、いつもより自分の汗が気になります。

顏は、昔からそんなに汗をかかないんですよ。

だから、あまり気にならないんですけどね。

最近気になりだしたのは、腋汗。

Tシャツなんかの脇腹の色が変わるぐらいしっとり濡れてて…。

額なんかにかく汗なら、出先でタオルで拭うこともできるけど、場所が場所だけに洋服の中に手を入れてゴソゴソ汗を拭くわけにもいかないし、気になりつつもどうにも出来なくてとっても恥ずかしい思いをしました。

汗取りパッドの付いたタックトップを着てみたんですけど、パットが少しも汗を吸収しないんです。

汗の出るところは、腋じゃなくてもう少し下?

ダメ元で、ドラッグストアーでリキッドタイプの制汗剤を買って、クルクルと腋に塗ってみたりもしたんですけど、これまた全く効果なし。

汗で流れちゃうのかなぁ~。

今のところ、出掛ける時は出来るだけ肌に密着しない洋服を着るようにして、何とか誤魔化してはいるんですけど。

なんとかならないものかと悶々としてます。

年齢によって、汗の沢山出る箇所って変わっていくのかなぁ~。

腋汗よ・・・お前は一体何処から湧いて出てくるんだい?

普段から外出が多い営業の仕事をしているので、天候が気になってしまいます。

特に真夏の期間は暑くて大変です。

先日もいつものように営業で昼から5社回らなければならず、営業資料を抱えて駅から数分歩いて訪問を繰り返していました。

そうすると3社目のお客さんから「ここ、汚れてますよ」とのご指摘。

よく見ると汗のシミだったんですね。

拭き取っても落ちませんし、白く塩の結晶見たいになってしまってました。

その時はその話題はごまかせたのですが、残り2社に訪問の際、気になって商談どころではありませんでした。

「汗っかきなんで…」といっても分かってくれる人もいますが、やはり初対面や人間関係がまだ出来ていない人だと、不潔と思われたりすると商談にも影響がでますし、メリットはありません。

かといってクールビズとはいうものの、いくつも着替えをもって出るわけにもいかないし、困ったもんです。

せめて車営業なら、もう少しマシなのかもしれませんが。

制汗剤なんかを利用したほうが、良いかもしれません。

汗というのは本当に嫌なものです。

体の熱を逃がすために必要なものだというのはわかっているのですが、それでも嫌なものは嫌ですよね。

顔に汗をかいてしまった時などはもう大変です。

男性はタオルで豪快に顔を拭くことが出来るかもしれませんが、女性は化粧をしていたらそんなこと出来るはずがありません。

それどころか汗がたれて目に入ってしまったりしたらもう痛いのなんのって話ですよね。

汗だけでも痛いのにそこにマスカラやアイラインが溶けてしまっていたら本当に痛いのです。

見た目も残念なことになってしまいますしね。

ウォータープルーフなんて信じられません。

おしりにかく汗も厄介です。

椅子に座っていると汗をかいてしまいおしりがびしょびしょ、なんてことも。

濡れているのがわかりにくい色や素材ならばまだ良いのですが、それがわかってしまうものですとまるでおもらしをしたようになってしまいます。

臭いも気になってしまいますし、なにかよい対処法はないかなと日々悩んでいます。

いっしょに暮らしているお姉ちゃんの体臭が悩みです。

肉食・ダラダラした生活・おデブ・・問題は一つではないのですが、生活を共にしている自分からするとあの臭さだけはどうにかしてほしいと思う。

姉の性格もあって、臭いとはズバッと言えない自分もいけないんだろうけど、一日着ていた服を放って色んな所に置きっぱなしにされると、夏時は特に大汗をかくからか、臭さ倍増でエライことになります。

消臭スプレーをスプレーしまくるものの、使用頻度が高いので直ぐに使い切ってしまいお金も掛かる。

服を洗う時も、呼吸を止めないと持てないので、息止めをしながら洗濯をします。

口を開けて呼吸するのも、なんだか体に害が及びそうだし、正直身体が拒否反応を起こしている。

成人女性として、「体臭」くらいは気を配りそうなもんなのに、この人の神経の太さはすごいなと感心する。

そんな姉なのに、付き合っている人もいるなんて!彼は、体臭が気になってるものの別れる気はなさそうです。

わたしは、あの人がカノジョだったら我慢できないでしょうね。

いやいや、それが理由で嫌いになるかも。

直接言える度胸が私にあればなぁ。